So-net無料ブログ作成

アデランス [金]

そういえば、昔はカツラと言えばアデランスでしたよね。
今では色々なカツラ会社が競争しているんですね。
ダイエットもそうですが、人のコンプレックスを武器にしたサイトは強いですよね。
クレジットカード 申込
------------------------------------------------------

アデランス 買収防衛改革案
発動判断に社外取締役 透明性高める狙い


買収防衛策の改革案を発表するアデランスの岡本孝善会長
 かつら最大手のアデランスは20日、買収防衛策発動の是非を検討する独立委員会のメンバーを3人から4人に増員し、うち2人を社外取締役とする改革案を発表した。5月24日の株主総会で提案する。アデランス株を24・69%保有する米系投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパンは、アデランスに防衛策の廃止を求めている。発動を最終判断する取締役会に独立委の意見を反映させやすくして透明性を高め、防衛策に対する株主の理解を求める考えだ。ただ、スティールは改革案に対する意見を明らかにしておらず、アデランスの株主総会は防衛策の是非を巡り、委任状争奪戦に発展する可能性もある。

◆優良企業

 スティールはサッポロホールディングスや江崎グリコなどの大株主だ。アデランスの株については、2004年10月に提出した大量保有報告書で約5%を取得したことが判明し、その後も買い進めた。

 スティールがアデランスに狙いをつけたのは、かつら業界最大手で、財務体質が健全なためとみられる。主力の男性用かつらは、オーダーメード中心で価格も高く、利益率が高い。手作業が中心で大きな設備投資も必要ないため、人件費や材料費以外に大きな経費がかからないメリットもある。

 過去の利益の内部留保で利益剰余金は550億円もある。総資産に占める自己資本比率は約80%に達しており、「株主へ利益を還元する余地がさらにある」(証券アナリスト)と、魅力的な投資対象とみられている。

◆防衛策

 スティールが株を買い集めたことを受け、アデランスは30%以上の株式を保有しようとする買収者が現れた場合、全株主に新株予約権を無償発行し、買収者の予約権行使は認めない防衛策を昨年12月に導入した。

 5月24日の総会では、現在は社外監査役2人と弁護士1人で構成している独立委員会を社外取締役2人、社外監査役2人に改めることを提案する。

 アデランスの岡本孝善会長は20日、都内で開いた記者会見で、買収防衛策の改革案について、「独立性が高く公正な判断が期待できる」と、胸を張った。

 さらに、2007年2月期で1株75円の配当を、08年2月期は80円に引き上げる。株主還元に積極的な姿勢を示し、買収防衛策への理解を求める方針だ。ただスティールは、防衛策を廃止できれば、株式を買い増ししやすくなるため、防衛策に否定的と見られる。

 かつら業界は、2位のアートネイチャーは売り上げがトップのアデランスの4割程度と格差があり、同業他社が友好的な買収者であるホワイトナイト(白馬の騎士)として登場する可能性が低い事情もあり、スティールの次の一手が注目される。

(2007年4月23日 読売新聞)


コメント(30)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

ビスタ利用大手でも無理 [金]

先日に引き続き、ビスタの話題。
やはり、既存のシステムでビスタでオンライン認証などの作業は困難なようです。
ネットワーク系のセキュリティの強化を計ったんでしょうかね。

ビスタなんですけど、僕も実際動いているのを見ました。
なかなか見た目的には派手になってますし、カッコイイんではないでしょうか?
ただ、いくらデスクトップがかっこよくなっても、僕はPCにパフォーマンスを求めるので家で使っているパソコンもウインドウズのクラシック表示にしてしまっています。

なので、XPの対応ソフトが少なくなってきたら買う時期かなと思っています。
------------------------
法人向けネットバンキング

 米マイクロソフトが発売した新しいパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・ビスタ」を搭載したコンピューターでは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の大手3行の法人向けインターネットバンキングサービスが当面、利用できないことが分かった。システム上、サービスを利用するのに必要な電子認証ができないことなどが要因だ。

 各行は対応を急いでおり、早ければ2月中にサービスができるようになる可能性もある。

 一方、個人向けのネットバンキングサービスに関しては、りそな銀行を含む大手4行は「いまのところウィンドウズ・ビスタで利用できないなどの問題は報告されていない」としている。ただ、個人利用者がビスタ搭載のパソコンからネットバンキングサービスを利用する場合、地方銀行なども含めて「動作確認中」としている銀行が多い。問題なく使える場合がほとんどとみられるが、支障が出る可能性もあるため、ホームページなどで注意を喚起する一方、安全性の確認を急いでいる。

(2007年2月1日 読売新聞)
------------------------
PR:クレジット保険


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。